森法律会計事務所

〒877-0043
大分県日田市川原町1番32号
スタッフブログ「Mori's Channel」
大分県弁護士会所属
南九州税理士会所属

銀行から融資を受けたい

銀行から融資を受けたい

銀行から融資を受けたいと考えた時、まずは次の事項を明確にしておきましょう。

  1. 融資金額(いくら必要か?)
  2. 資金使途(何に使うのか?)
  3. 借入期間(いつ返すのか?)
  4. 返済方法(どうやって返すのか?)

お金を貸し出す側の金融機関から見てみると、貸したお金の使途が不明な企業より貸したお金の使途が明確であり、実績のある企業の方が信用は生まれ、融資がしやすいですね。
そういった理由から金融機関から経営計画書の提出を要請されることがあります。

では経営計画とは、いったいどのようなものでしょうか?

経営計画とは、経営を継続するために計画する、過去の実績や将来の見通しから考えた、行動時期や内容、予算を明確にした実現可能な将来の夢のようなものです。

経営計画を立てることで、会社の経営目標や具体的な実施計画が明確になり、現在を見つめ直したり、将来を想像してみる良いきっかけにもなります。
その上、金融機関からの評価につながる可能性も高くなります。

経営計画とはいかないけど、今年1年の事業計画を建ててみたり、資金繰り表を作成してみるとご自身の会社の状況がよくわかり、経営が面白くなるかもしれません。
経営計画や事業計画、資金繰り表作成にあたり、最も重要となるのは記載されている数字が根拠のあるものかどうかです。

作成時は前提となる事項をしっかりと取り決めましょう。

 売上は前年度結んだ契約が更新されるものとしている。

 掛売上の回収は○ヶ月後。

 掛仕入の支払いは翌月末。

…などと、予め決めておくと、根拠を聞かれたときにも説明しやすいですよ。

資金繰りについて知りたい、経営計画書やの作成方法がわからないなど、お困りの際は一度ご相談ください。

経営計画とは、長期的な事業計画のようなもので、今後のどのように会社を経営していくかを明確にするものです。
よい機会です。
ですが、経営計画は難しいのでは…すぐに出来るものではないよね…などとお考えの方も少なくはありません。
そんな時は、事業計画や資金繰り表を作成することをお勧めします。

お問合せ